プランター栽培オクラ


■ 家庭菜園でオクラの栽培⇒ベランダでプランター栽培

■種まき ⇒4月初旬〜4月下旬(種は水または、ぬるま湯に一晩浸すと発芽が揃う。)
■収穫  ⇒ 7月初旬〜9月上旬(開花後3〜7程度の柔らかいものを収穫する。)
■オクラは、暑さや病害虫に比較的強く育てやすい夏野菜でハイビスカスのような花を咲かせるので観賞できる。
■酸性土壌に弱いので石灰を施し中和させる。プランターでも新しい土を使うか古土の場合は石灰を施す。
■日当たりを好む。長く収穫するには肥料ぎれに注意!追肥は2週間程度に化成肥料
■連作障害あり、線虫類に弱い。




■ オクラのベランダでプランター栽培記録(再度挑戦)

おくら大苗の植え付け オクラの大苗植え付け(2011.6.19)
安物のプランター用の土を使ってオクラの栽培に失敗したので今度は高いアイリスのゴールデン粒状培養度にし、購入した苗も大苗シリーズとかで大きく丈夫そうな苗を植えつけた。
しかし、苗の値段が398円もし、それに土も高い。土は繰り返し使えるが苗は1度きりです。奥さんにオクラ10個でいくらぐらいと聞くと「105円ぐらい」・・・ということは40個ぐらいオクラの実がとれないと苗代もでない。
たぶん到底、40個も実はつけない。買ったほうが安く、手間隙かからない。家庭菜園というのは枯らさなくてトントン程度、枯れれば丸損と考えていたほうが良い。それにしても398円もする苗をどうして売っているのだろうか?(売れるわけないと思うが、、、)・・・私のようなバカな消費者がいるからでしょうか、、、、
おくらの成長 オクラの大苗の成長(2011.7.02)
根付きもよく、ドンドン成長してくれそうな雰囲気です。横にあるのが前に植えたオクラ、こちらは葉っぱが大きくなり成長した。まだまだ花も咲かせるように思う。



■ オクラのベランダでプランター栽培記録・・・失敗例

安物のプランター用の土を使うと失敗する。
20リットル147円のプランター用の土を使ったが木屑が多く含まれ、粘土のようにべとつき水はけも悪かった。おそらくフルイにかけると木屑が半分近くあるのではと思われる。こんな土を特売で売ってはいけない。
土の発酵過程が浅く、酸性土壌で養分もあまりない。土をやたらに捨てるわけにもいかないので今後は微生物の菌根菌と高いプランター用の土、石灰を混ぜて使うしかない。
おくら苗の植え付け
オクラの苗植え付け(2011.4.24)
昨年、初めて植えたが仕事が忙しくしばらく水遣りを怠っている間に枯れてしまった。今年は貯水機能付きプランターで水涸れしにくく、用土がたっぷり入り養分も多く土の乾燥防止にもなるプランターで栽培することにした。ものぐさな私にはちょうどよく普通のプランターより収穫量は期待できる。
オクラは栽培が簡単でハイビスカスに似たきれいな花を咲かせます。しかし、花は早朝に咲いて午前中には散ってしまうらしいので見れないかもしれません。
種からでも育てやすいらしいですがたくさん作るわけでもないので苗からのほうが面倒でなく後は水遣りと追肥のみで簡単・・・?
収穫は開花後の3〜4日ほどの柔らかいものを収穫すると売っているのもよりも柔らかく美味しいらしい・・・?
オクラは栄養価も高く美味しい夏野菜で夏バテにも効く。ネバネバが糖尿病や便秘にもいいらしい。
おくら苗の植え替え オクラの苗植え替え(2011.5.5)
キュウリとなすの接木苗を購入したのですがどちらとも大きくなり、水遣りもひんぱんになるのでプランターを新しく買うのももったいないのでオクラを別の植木鉢に植え替えオクラを植えていたプランターにはキュウリを植えることにした。
オクラには気の毒なとんだトバッチリです。オクラは生育温度が23〜28℃と高いのですが、最近の天気はいいのか悪いのかはっきりしない天気が続いたせいか生育が悪く枯れそうな雰囲気もある。
葉っぱに白いふ入りが見え病気とも思える。悪い葉は摘み取った。根はまだ張ってないので土をごそっと持っていったのでたぶん支障ないと思う。
虫よけにわけぎもいっしょに植えた。わけぎには虫はこない、たぶん匂いのせいだと思われる。
おくらの花 オクラの花(2011.6.9)
まったく生育が悪く枯れてしまいそうにも見えますが花が咲いた。酸性土壌に弱いのでプランター用の土を使ったので特に石灰はまかなかったが酸性の土だったかもしれない。ほとんど成長しない、むしろちじんだように感じるぐらいですが花が咲いたので花の後には莢果もつけるんだろうと思います。
おくらの莢果 オクラの莢果(2011.6.12)
花はあっという間になくなり莢果がついた。
雨がよく降りアルカリ分が流れて酸性土壌になっているのかもしれません。遅ればせながら石灰をまいた。しかしこの調子でいくと大して成長しないまま数個の花をつけて枯れてしまいそう・・・・収穫は3〜4個でしょうか。オクラは好きなので苗を売っていたら買ってもう一度そだててみようか???
雨がよく降るので水はけに問題があるのかもしれないので雨が直接かかりにくい軒下にプランターを移動した。
おくらの収穫 オクラのたった1個の収穫(2011.6.17)
たった1個の収穫です。味噌汁に入れて食べた。柔らかく美味しかったが1個ではね〜〜
今後まだ花を付けてくれるのかどうか分からない1個で本当に終わりかもしれない。
どうも土が悪かったようだ。プランター用で20リットルで147円の安い土を使ったが木屑が多く含まれまだ発酵過程で未成熟な堆肥で酸性土壌の土です。やはり安物は安物の価値しかない。遅ればせながら石灰と有機肥料を巻き水をかけ土に染み込ませた。
おくらが成長 オクラが成長しだしたか??(2011.6.19)
石灰を巻いたのが良かったのかちょっと成長しだしたようにも感じる。オクラは酸性土壌に弱いので石灰で中和したのです。
有機物は酸化で腐れ、微生物によって無機物に分解され、植物の根は無機物しか吸収できません。
使用した安物の土が未成熟の発酵で酸性土壌で養分も発酵過程なのであまりなかったようです。成長しかけたようにも見えるが失敗のようです。



■ オクラの栄養、効能

カルシウム、βカロチン、食物繊維、ビタミンC、E、カリウム、鉄

オクラといえばネバネバですがネバネバの成分はペクチンという水溶性の食物繊維と多糖類のひとつであるムチン。ペクチンは血糖値の上昇を抑え糖尿病予防や動脈硬化、高血圧の予防に効果があり、便秘や下痢にも効果がある。
ムチンは胃の粘膜を保護して潰瘍を防いでくれる。肝機能や腎機能を強める作用もあり、たんぱく質の吸収を高める働きもありまた便秘にも効果的
夏バテにも効きそうな夏野菜です。