プランター栽培ネギ


■ 家庭菜園でネギの栽培⇒ベランダでプランター栽培

ネギは病気害虫被害の少なくプランター、箱作りでも手軽に栽培でき、毎日の食事に欠かせないネギがいつでも欲しい分だけ収穫できるのでとても便利
■種のまき ⇒ 春まき:3〜6月上旬 秋まき:9〜10月 種まき前に充分灌水しておき筋まきで筋の間隔は10cm以上、発芽は1〜2週間
■収穫 ⇒ 間引き苗も食用になります。株際を切って収穫すれば新芽伸びて再び収穫できます。
■用土:水はけのよく酸性には弱い。元肥入りプランターの土ならそのまま、古土の場合は苦土石化を一握り程度入れて土を中和し、化成肥料を大さじ2〜3杯程度混ぜ込む。排水を良くする為、底石の上にネットを敷いたほうがよい。
■間引き:発芽後は密生部を間引きし2〜3cm の株間にそろえる。く
■定植:本葉が4〜5枚まで育ったら、株間10cm以上に定植します。乾燥時には活着するまで水やりを続ける。
■追肥:定植後10日に一度程度化成肥料又は液肥




■ 九条ネギのベランダでプランター栽培記録(栽培失敗例)

九条葱の種まき 九条ネギの種まき(2011.4.26)
ねぎは根深ネギと葉ネギに分けられ、根深ネギは主に関東地方で栽培され葉ネギは東海以西に多く栽培され根深ネギよりも栽培に手間がかからず、葉ネギの代表格が九条ネギです。
用土にたっぷり水を与えておき、13cm 間隔で筋2列に九条ネギの種まきをし軽く土を被せて水遣り。種の袋には1株5〜6本に茎立ちし、早生で生育よく、極めて作りやすいのでプランター、箱作りでも手軽に栽培できる家庭菜園向けに好適です。とある。
使用したプランターは、貯水機能付きプランター、使用した用土は元肥なしのプランター用の土で20リットルで147円 安い!微生物の菌根菌を混ぜ込んだ。
九条葱の発芽 九条ネギの発芽(2011.5.6)
まだ、まばらですが九条葱が発芽した。種まきから10日あまりです。
種の袋には種まきから収穫までの日数は何も書いてなく早生とのみあるがおおむね40日程度ではないかと想像している。
後、30日ほどで収穫か?
九条葱の成長の写真 九条ネギが何とか成長(2011.6.05)
雨続きの天候でどうも成長がにぶいように思えますがどうにかこうにか成長しています。
今日もまだ、雨は降っていないが今日の夜又は明日は雨の可能性があります。日本列島地震や津波、大雨と災害列島のような感があります。
小さなプランターの中も多少の影響があるようです。気温は上がってきているのでこれから成長していくでしょう。
九条葱が大きく成長の写真 九条ネギの成長(2011.8.15)
安物のプランター用の土を使ったせいで成長が非常に悪く途中に化成肥料を施して何とか成長した。ここまでいくらか間引きもしたが、おおむね種まきのままである。
野菜栽培は土が悪いと失敗する。あまりに安い土は使うと失敗する。この安い土を使ったプランター栽培は全て失敗した。
化成肥料を追肥したので収穫が0のものはないが全部生育不良です。
九条葱の間引きの写真 九条ネギの間引き(2011.8.16)
生育に失敗したので追肥と水遣りは行ったが間引きはせずほったらかしにしていたのですがどうにかネギらしくなってきたので間引きをした。
間引きしたものは料理に利用した。
九条葱の収穫 九条ネギの収穫(2011.10.22)
土が悪く栽培は失敗に終わった。とはいっても収穫がないわけではないが、このまま栽培を続けても仕方ないので生育不良のまま収穫した。
栽培時間がかかり過ぎたので、少々葉が硬くなったがネギとして食することができた。20リットル147円の土は色は黒いのだが養分は少なく、水遣りすると粘土のベトツキ、水が切れるとカチンカチンになり水を通さなくなり根の張りが悪く、植物は生育不良になる。安物の土は買ってはならない。



■ ネギの栄養、効能

ネギは栄養豊富な野菜で葉ネギと根深ネギで多少ことなります。栄養分は葉ネギのほうが多少多く、ニラや玉ねぎにも含まれているニオイの成分アリシンは根深ネギのほうが多い。

栄養成分
βカロテン(ビタミンA)、カルシウム、鉄、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2

効能
■βカロチン・・・抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぎ、体の老化やガンを防ぐ効果があり、免疫力を活性化します。 美肌効果があります。夜盲症(とりめ)の予防効果
■ビタミンC・・・免疫機能を高めて、疲労を回復させる効果あり、その他白内障予防、美肌効果、かぜ予防など。
■ビタミンB群・・・疲労回復
■カリウム・・・高血圧を防ぐ効果
■カルシウム・・・骨や歯を丈夫にする重要な成分で、骨粗しょう症予防
■鉄分・・・貧血を予防
■アリシン・・・ビタミンB1の吸収や働きを高め疲労を回復効果、血液をサラサラにして、血行を良くする。