プランター栽培ミズナ


■ 家庭菜園でミズナの栽培⇒ベランダでプランター栽培

■土づくり ⇒ 1u当たり有機石灰100g、化成肥料等を80g(苦土石灰の場合は2週間あけて種まき。)
■種まき ⇒ 3月中旬 〜 11月上旬 通年栽培が可能
■間引き ⇒ バラまきで発芽後込み合うところ間引きし、株間7cmくらいにそろえる
■収穫 ⇒ 草丈30cm位で収穫




■ ミズナのベランダでプランター栽培記録

ミズナの土作り
ミズナの種まき
ミズナの土作りと種まき(2011. 9. 25)
ミズナは京菜といわれ栽培は簡単でプランターでも良く育つ。しかし、土作りは必要、以前、他の野菜栽培に使用したプランターをひっくり返し土(20リットル147円の安物の粗悪品の培養土)をだし、できるだけ根は取り除き固まった土をくだいて柔らかくしプランターにもどし、有機石灰、野菜の肥料、微生物の菌根菌を入れてよくかき混ぜて水を含ませて土作りをして種まきの準備をした。
苦土石灰の場合は2週間以上あけて種まきをしないといけないが有機石灰の場合はその必要がなく、土を柔らかくしてくれる。
種まきは筋まきにした。
ミズナの発芽 ミズナの発芽(2011. 10. 01)
翌日から発芽が始まり、密集するぐらい発芽して込み合った。間引くのが面倒そう、ほとんどの種が発芽するみたいなのでまく種の量は少なくてよい。
ミズナの間引き ミズナの間引き(2011. 10. 02)
沢山、発芽したので少々面倒だった。種の袋には7cm程度の間隔に間引くとあるが、込み合って発芽したので一本間引くと他の物も抜けてしまい間引くというよりは抜け残ったものを残したという感じです。4〜10cm程度の間隔になった。
ミズナの成長 ミズナの成長(2011. 10. 23)
ミズナがぐんぐん成長してきた。現在草丈15cm程度、草丈30cm程度で収穫と種の袋には書いてあるが、すぐ大きくなり、気がついたら収穫期を過ぎ硬くなることもよくあるので30cm未満でも収穫しょうと思う。それにたぶん若葉のほうが美味しい。
ミズナの収穫 ミズナの収穫(2011. 10. 30)
種の袋には草丈30cm程度で収穫とあるが狭いプランターの中で成長したミズナが込み合っているので草丈は20〜25cm程度だが虫害も増えてくるので全部収穫した。
20リットル147円の安い粗悪品の土を使った栽培で初めてまともに収穫できた。有機石灰、野菜の肥料、微生物の菌根菌を入れて土の改良をしたのと水遣りを上からは少なくして下の貯水槽に直接給水したのが良かったと思われる。



■ ミズナの栄養、効能

ミズナにはビタミンC、カロテン、鉄、カルシウムなど栄養がたっぷり含まれている緑黄色野菜で以外にも栄養価は高い。


鉄分、カルシウムなどを含み、骨粗鬆症の予防や貧血予防にも有効。水菜に含まれているポリフェノール(色素成分)は、肌の新陳代謝を促進させ、肌のきめを良くしてくれる。


■ ミズナを使った簡単料理レシピ

ミズナとツナの簡単サラダ〜胡麻油の香りとツナの塩分とミズナのシャキシャキ感が美味しい。
ミズナとツナの簡単サラダが完成 作り方は簡単!マヨネーズ、ポン酢、ごま油を良く混ぜておく。ミズナは3cm程度に切り、ツナは水気を軽く切ってミズナとあえて皿にもりドレッシングをかけて盛り合わせる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
材料4人分:ミズナ適量(適当)、ツナ1缶、マヨネーズ大さじ1、ポン酢大さじ1、ごまあぶら小さじ1