プランター栽培チンゲンサイ中国菜


■ 家庭菜園:ベランダプランター栽培 ⇒ チンゲンサイ(中国菜)

春まきは4〜7月 秋まきは9〜10月
収穫は適温期なら30〜40日で収穫 寒さでトウたちしやすいので、4月上旬以前と10月上旬以降のタネまきは避けたほうがいいようです。




■ プランターでチンゲンサイの栽培記録(2011年10月)

チンゲンサイの種まき チンゲンサイゲンサイの種まき(2011.10.30)
ミズナを栽培した後のプランターの土をひっくり返して土を出し、根をできるだけ取り除いてプランターに戻し、有機石灰、野菜の肥料、微生物の菌根菌を入れてよくかき混ぜて準備をし、チンゲンサイの種を筋蒔きにした。
この土は20リットル147円の安さに引かれて購入した土ですが養分は少なく水を含むと粘土のようにベトツキ、乾くとカチンカチンになり水を通さなくなり野菜栽培に失敗したが、有機石灰、野菜の肥料、微生物の菌根菌やらでまともな培養土に近づきミズナの栽培には成功した。土が軟らかくなり種まきの準備もずいぶん楽になった。
種の袋に種まきの時期が11月上旬までとあるので、この時期生育に不安はあるが種まきにした。
使用したプランターは貯水機能付きプランターで貯水タンクには直接給水できる。上から水遣りすると土が締まり硬くなるので上からはできるだけ少なくし貯水タンクに直接給水し下から水遣りすることにした。
チンゲンサイの発芽 チンゲンサイの発芽(2011.11. 6)
チンゲンサイが発芽した。もう11月なので多少発芽は遅いように思えるが発芽率はよさそう。今年例年より暖かいので成長してくれると思う。
チンゲンサイの間引き チンゲンサイの間引き(2011.11.13)
間引きをおこなった。概ね10cm 間隔で一列7株で2列なので計14株、順調に育てばまあまあの収穫になる。
今は例年より暖かいが今週半ば頃から例年並みの寒さに近づくらしい。虫害は少なくなるが生育はどうだろうか。
チンゲンサイの成長 チンゲンサイの遅い成長(2012. 1. 1)
種まきが10月30日で遅いので2ヶ月経ってようやくここまで成長した。
寒いので害虫被害は少ないが成長が遅すぎる。まだ、霜が降りるような寒い日はないのでもう少し様子を見ることにした。寒くなるようだとすぐに収穫する。
チンゲンサイの収穫の写真長 チンゲンサイの遅い成長(2012. 2. 2)
風邪をひいて水をやるのをわすれていたのですが思い出してプランターのチンゲンサイを見ると黄色の葉っぱがあったのでもうこんな寒さなので成長しそうにないので収穫した。
種まきが遅かったので寒さで成長も遅くよくまあ、収穫できたものです。わりとチンゲンサイは寒さに強いようです。葉っぱが硬くなっているのかとおもいきや柔らかく美味しかった。



■ 楽らく菜園プランターでのチンゲンサイ(中国菜)の栽培記録(2008年 9月)

中国菜種まき プランター用のミニチンゲンサイの種まき(2008.09.21)
プランター栽培用のミニチンゲンサイの種まきをした。楽らく菜園での栽培は二回目、液肥を作り7リットル程入れて筋まき(3列)で種をまき、土をかぶせて液肥を1リットル程度入れて完成。
中国菜発芽 1週間後のチンゲンサイ(発芽)
蒔いた種が全て発芽したのではと思うぐらい発芽しました。間引いた芽の方が多いのです。今後成長と共に間引いていくのですが、最終てきには今の3分の1程度になると思われます。種をもっと少なく蒔いてもいいですね。
中国菜2週間 2週間後のチンゲンサイ
3列で種を蒔きましたが4列でもだいじゅうぶのようなので移植して4列にしました。楽らく菜園プランターのボラ土は粒が大きくサラサラしているので多少の列の移動は苗が小さい間はできます。3列をちょっとづつ前に移動させて間引いた苗を一番後列に移植しました。
中国菜成長3週間 3週間後のチンゲンサイ
一週間でだいぶ大きく成長しました。狭いプランター内で込み合っています。できるだけ密植にしたいのですがやもうえず適当に間引きました。
中国菜成長4週間 4週間後のチンゲンサイ
だいぶチンゲンサイらしい形になってきた。今、背丈が15cm程度なので25cmぐらいになったら収穫です。今のところ虫被害はほとんどありませんが要注意です。
中国菜成長5週間
中国菜の収穫
5週間後のチンゲンサイ及び収穫
もうすこし成長させてもいいのだが、虫食いの葉っぱが目立ってきたので葉の裏をみると黒い卵が大量に生みつけられた葉っぱや茎があり、虫が大量発生しそうなので24株すべて収穫しました。葉っぱが成長すると何処からともやってくる虫さん、あんたのために野菜を作っているのではありません。今、庭の家庭菜園でも白菜が虫に食われて全滅の危機にあります。コーヒー滓、お茶がらで堆肥を作ってまくと虫除けに効果があるらしいのでコーヒー滓で堆肥を作って家庭菜園の肥料にしてみようかなどと考えています。
奥さんにスーパーで買ったらいくらぐらいとたずねてみると「ミニチンゲンサイなので量が少ないので300円ぐらいかな!」とのこと種代が100円程度だったので差し引き200円分のチンゲンサイの収穫というこになります。バカバカしくなってきます。今この時期は植えるものが限られています。葉野菜ではなく果実野菜で長い期間収穫できるものがよいともわれます。楽らく菜園は世話も簡単ですが植え替えをしなければもっと簡単です。液肥料が少なくなれば足すだけですから。



■ チンゲンサイの栄養素・効能

チンゲンサイの栄養素

■カロチン・ビタミンC・鉄・食物繊維・ビタミンK・葉酸・カルシウムなど
■カロテンとミネラルが豊富で、加熱調理しても栄養成分や歯ごたえが失われにくいのが特徴です。

チンゲンサイの効能

■カロテン・・・色素成分で何百という種類がありますが、どれも強い抗酸化作用があり、 体内で必要に応じてビタミンAに変えられたり、活性酸素を除去する働きもあり、ガン予防になります。
■ビタミンK・・骨の形成や血液を凝固させるなどの補酵素として活躍。
■葉酸・・・・・動脈硬化や貧血などの予防に効果。



■ チンゲンサイと冷蔵庫にある野菜で塩炒め簡単料理レシピ

チンゲンサイの塩炒め 炒める前に湯通しするので色がキレイになります。
たっぷりの熱湯を沸かし、酒、塩を加え、3cm程度に切ったチンゲンサイと冷蔵庫にある野菜をサッとゆで、ザルに上げる。中華鍋にゴマ油を強火で熱し、せん切りしたショウガ、ニンニクを炒め香りが立ってきたら、チンゲンサイと他の野菜を入れ、油がからむ程度サッと炒める。調味料を加え、水溶き片栗をまわし入れしトロミがついたら火を止め、器に盛り合わせる。