家庭菜園(庭)アスパラガス


■ 家庭菜園でアスパラガスの栽培⇒一度植えると7〜10年も収穫可能

健康植物のアスパラガスは多年草で寿命が長く、植え付け後5〜6年で最盛期に入り、10年くらい収穫できます。夏に茎が成長し根に栄養が蓄えられ、翌年の春に新芽がでて新芽を収穫し食する。種まきからでもできますが収穫できるようになるまで手間暇がかかるので家庭菜園では苗から始めた方が無難。苗といっても根の形で売られている。普通の苗ポットで売られているのもあるが1年目の苗で収穫には適さないようです。一度植えてしまえば後の手入れはそれほど必要はないが、大株になるのでプランター栽培より地植えのほうが適している。

■土づくり ⇒ 酸性土は苦手なので石灰で中和し腐葉土などをたっぷり入れる。
■植え付け ⇒ 10〜11月がよい。腐葉土などをすき込んだ土壌に植え付けます。根を広げて株を植えつけたら5〜6cmの厚さに覆土します。間隔は約40cm。
■追肥 ⇒ 夏から秋に株の周りに油かすや化成肥料をばらまく。秋に地上部が枯れたら、綺麗に取り除き、堆肥、油かす、化成肥料のどを追肥します。
■収穫 ⇒ 3〜6月、春にタケノコのように伸びてくる新芽の部分を収穫。取りすぎてしまうと茎葉が弱くなり、次年によい芽が収穫できなくなってしまう場合がある。
■注意事項 ⇒ 夏場は茎が細いわりに葉がよく茂りますが、風に当たって倒れやすいので、茎がどんどん伸びるようになったら両脇に支柱を立て、ポリテープを横に張り、茎が倒れないようにします。




■ アスパラガスの栽培記録

アスパラガスの根

アスパラガスの植え付け
アスパラガスの土作りと植え付け(2012. 4. 22)
プランター栽培をしようと思ってアスパラガスの苗(根)を購入したが、4株入っていた。7〜10年も収穫できるといっても素人の家庭菜園なので途中で虫害や病気になり栽培できなくなる可能性が大である。プランターは2つにして残りの2株は屋上庭園のツゲの木が枯れてしまったのでそこに植え付けることにした。夏は茎が1m以上に成長し結構見ごたえもあり観賞用にもなるらしい。
腐葉土、有機石灰、野菜の肥料、微生物の菌根菌をすき込み、よく耕してアスパラガスの株(根)を植え付け5cm程度覆土した。土の色は茶色で肥沃な黒には程遠い。
採れたてアスパラガス格別に旨い
とれたてのアスパラガスは生で食べられるぐらい柔らかくとても美味しいらしい、鮮度が落ちやすいのでスーパーで売られている物とは一味違うらしいのです。年をとってくると肉などより旬のとれたての野菜が美味しく感じられます。購入した苗(根)には大株だから栽培は簡単とあり、期待しています。
アスパラガスの発芽の写真 アスパラガスの発芽(2012. 5. 20)
発芽したが細い。プランターに植えつけたアスパラガスも針金のような芽が発芽し、切り取ったが次の発芽は一つしか出ないので、地植えのアスパラガスは摘み取らずに発芽した茎を育てることにした。
2株植えたが現在、1株しか発芽していない。これ以上発芽は有りそうにない雰囲気。



■ アスパラガスの栄養、効能

アスパラガスは健康植物でタンパク質、ビタミンB1、B2、葉酸、β-カロテンやビタミンC、E、カルシウムや鉄、亜鉛、ルティンなども含まれています。


アスパラガスにはアミノ酸の一種であるアスパラギン酸を多く含み疲労回復や美肌に効果を発揮します。動脈硬化や高血圧予防、コレステロール値を下げる効果、抗酸化作用、発がん性物質の解毒に効果、細胞の老化や肝臓の強化にも役立ちます。