家庭菜園(庭)なす


■ 家庭菜園 ⇒ なす

■種から育てるときは2月に種をまくようなのですが、面倒なので苗を購入しています。
■栽培スケジュール: 4〜5月に植えつけて6〜9月に収穫。
■連作障害:あり⇒5〜6年間は同じ場所に作付けしない。連作する場合は接ぎ木苗を植える


管理人が今年栽培したサヤエンドウの花とキヌサヤ 管理人が栽培したなすです。今年(2009年)は梅雨が長く、日照不足でしたが我が菜園のなすは豊作でした。まあ、形は規格外で曲がっていたり大きかったりちいさかったりでしたが味はよく日持ちもしますし、安心安全です。
なすは味噌と相性がよく日本人には馴染み深い野菜です。美味しくいただきました。




■ なすの栽培・なすの栄養、効能

■畑に1m×m 当りに苦土石灰150gと堆肥3kgを入れて深く耕し、60cm〜1m 程度のうねを作る。購入した苗を日当たりのよいところに2〜3日置いてから植えつける。

■植えつけは場所は45cm間隔に大きめの穴を掘って浅めに苗を植えつける。 支柱を立て苗を固定する。 適当に追肥をし、土が感想しないように水遣りをする。

■実が大きくなってきたら収穫。 真夏になったら、スコップで根を切り、上の方の枝を落とす。 切った枝から新しい枝が出て、秋ナスが収穫できる。


なすの栄養、効能

わずかにビタミンとミネラルを含む程度ですが、紫色の成分であるナスニンとポリフェノールはコレステロール値を下げる効果があります。ポリフェノールは活性酵素の働きを抑える抗酸化効果があり、老化防止やガン予防によい。

また低カロリーなのでダイエットでも注目。利尿作用で体のむくみを取ったり、口内炎に効果があるともいわれています。



■ なすのお勧め簡単料理レシピ

蒸し茄子と玉葱の梅肉和え〜梅の酸味が食欲をそそり、さっぱりして美味しい。
レタスと海苔のごま油風味サラダ 皮付きへた付きで丸ごとなすを10分蒸して5分余熱で蒸らす。その間に玉葱を5mmのくし切りにし、ダシ醤油、蜂蜜と梅肉の微塵切りをボールで混ぜ合わせておく。茄子の粗熱が取れたらへたを切り取り、一口大の縦長に切って、玉ねぎのスライスを混ぜ味付け調味料で全体を和えて出来上がり。
茄子を茹でたり蒸したり、また焼いたりして茄子に火を通す場合は、皮付きへた付きで切らずに丸ごとした方が、中の身がふっくらして旨味がそのまま味わえるそうです。しかも火が早く通るそうです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
材料4人分:なす4本、たまねぎ1/2個 蜂蜜漬梅5〜6個(みじん切り)、醤油大さじ2、酢大さじ3、砂糖小さじ1/2、ごま油小さじ1
なすとキュウリの甘辛みそ炒め〜低温蒸しでなすときゅうりがシャキシャキで美味しい。
なすとキュウリの甘辛みそ炒めを器に盛る 鍋に1リットルの水を入れ沸騰させる。弱火にし蓋をとり、鍋の上に網をのせ、なすときゅうりをサイコロにザクザク切ったものを乗せボールをかぶせ網の上か下に箸などを差込み隙間をつくり70度程度の低温で10分蒸す。(低温蒸ししておくと後で熱を加えてもシャキシャキする。)
豆板醤、砂糖、味噌、醤油、酒を混ぜ合わせてタレを作っておく。
フライパンでひき肉、生姜とにんにくのみじん切りを炒め火が通ったら皿に移す。
フライパンに低温蒸ししたなすときゅうりを入れ炒める。しなっとしてきたら、皿にとったひき肉、生姜、にんにくを加え、タレも加えてさらに炒め最後にごま油を入れて炒め皿に盛りきざみネギをふって完成。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
材料4人分:なす4本、きゅうり4本、ひき肉100g、生姜2カケ、にんにく2カケ、サラダ油大さじ4、豆板醤小さじ1、砂糖大さじ2、醤油大さじ2、味噌大さじ2、酒大さじ2、ごま油大さじ2
夏野菜(なす、きゅうり、トマト)の和風パスタ〜隠し味のにんにくと生姜でスタミナ食
なす、きゅうりの夏野菜のパスタを器に盛る なすときゅうりを5mm程度に切り、サランラップに包みレンジで低温蒸しの状態にする。
タマネギはせん切りにし、牛肉は食べやすい大きさに切る。トマトは粗みじん切りと乱切りにし、しょうが・にんにくはみじん切りにする。
醤油とミリンも合わせタレを作り牛肉をなじませておく。
フライパンにサラダ油小さじ2を温め、ナス、タマネギをじっくりと焼く。表面が軽く色づいたら、残りのサラダ油としょうが・にんにくを加え、トマトみじん切り、牛肉、きゅうりを炒める。
たっぷりの湯に塩(1%)を入れ、スパゲッティを7分間茹でる。茹で上がったらのフライパンに加え、合わせだれで味を調えながら炒め塩で味を調える。
お皿に盛りトマトの乱切りをのせて完成。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
材料4人分:スパゲッティ 400g、なす 3本、きゅうり 1本、タマネギ 1個、牛肉 200g、トマト 2個、にんにく2カケ、生姜 1カケ、醤油大さじ8、ミリン大さじ6、サラダ油大さじ1、塩小さじ1
なすのからし漬け〜暑い夏にピリカラの味が食欲をそそる。
なすのからし漬けを器に盛る なすを水洗いし水気をとり尻のへたをとり1cm位に輪切りする。
切ったなすをボールに入れ塩をふりよくもんでなすと同じぐらい重石をして15分から20分漬け込む。
和からしを小さ目の湯のみ茶碗にいれ少し硬めにねって辛味がでるまで15分から20分さかさましておきます。
辛味が出たら最初に砂糖を入れよくねり次に醤油、みりんを少し加えながらよく混ぜながらからし液をつくる。醤油、混ぜながら入れないと和からしが溶けずに固まってしまうことがあります。
塩漬けしたなすをふきんで軽く絞りボールに入れからし液を加えて よく混ぜるとすぐ食べられます。残りは冷蔵庫で保存
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
材料:なす 200g、食塩 小さじ 2.5、鬼からし 小さじ2 小さじ 2、醤油 小さじ 2、みりん 大さじ 1、砂糖 小さじ 1